ここから本文です

ELには日本人所属7チーム参戦

東スポWeb 9月13日(火)16時35分配信

 欧州リーグ(EL)には日本人選手が所属するクラブが7チーム出場する。シャルケ(ドイツ)の日本代表DF内田篤人(28)は右ヒザの故障で出場は厳しいが、日本代表DF長友佑都(30)のインテル(イタリア)は優勝候補。日本代表FW武藤嘉紀(24)のマインツ(ドイツ)、日本代表DF吉田麻也(28)のサウサンプトン(イングランド)も上位進出を狙う。

 CLプレーオフで敗れてELに回ったザルツブルク(オーストリア)のリオ五輪日本代表MF南野拓実(21)と、ヤングボーイズ(スイス)のFW久保裕也(22)にも期待がかかる。特にリオ五輪不出場の悔しさを晴らしたい久保としては、自身のステップアップを懸けた舞台で、日本代表入りに向けたアピールもしたい。

 アストラ(ルーマニア)のMF瀬戸貴幸(30)は2季ぶりのEL出場で存在感を見せられるか。

最終更新:9月13日(火)17時58分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]