ここから本文です

阪急梅田駅に「雪見だいふく」の限定カフェ 土屋太鳳さん発案メニューも /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月13日(火)14時20分配信

 阪急梅田駅2階中央改札内に9月12日、「雪見だいふく」の世界観を体感できるカフェ「雪見もちもちカフェ」が期間限定出店した。運営はロッテアイス(東京都新宿区)。(梅田経済新聞)

土屋太鳳さんがプロデュースした「太鳳のつやつや雪見」

 今年で35周年を迎える同社の定番商品「雪見だいふく」をテーマにした同カフェ。昨年東京・青山で初開催した際には、最大2時間待ちの行列ができるほど好評を博した。今年は東京・表参道との同時オープンで関西初出店する。白を基調にした店内は、「雪見だいふく」をイメージした赤やピンクのクッションをアクセントに居心地の良い空間に仕上げた。

 「雪見だいふく」を使ったオリジナルメニューは、8種類を用意。全てドリンクとセットで、500円で提供する。メロンパンの間に「雪見だいふく」や果物を挟んだ「雪見なメロンパン」や、桃の上に「雪見だいふく」をのせ、クリームチーズソースなどで飾った「雪見チーズドーム2016」といったスイーツ5種類のほか、CMキャラクターを務める土屋太鳳さんプロデュースの「太鳳つやつや雪見」も。十五夜の9月15日限定メニュー「お月見雪見」や、同店限定メニュー「雪見だいふくモナカ」も用意する。

 営業時間は11時~22時。今月24日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月13日(火)14時31分

みんなの経済新聞ネットワーク