ここから本文です

<千葉・切断遺体>25歳姉を死体損壊・死体遺棄容疑で逮捕

毎日新聞 9月13日(火)11時39分配信

 千葉県酒々井(しすい)町上本佐倉1の住宅内で切断された遺体が見つかった事件で、県警は13日、この住宅に住むアルバイト店員、竹内愛美(えみ)容疑者(25)を死体損壊・死体遺棄容疑で逮捕した。県警は、遺体は同居している弟の諒(りょう)さん(21)とみて確認を急いでいる。

 逮捕容疑は、自宅で遺体を損壊し、ビニール袋に入れて放置したとしている。「2週間くらい前にやった」と容疑を認めているという。刃物で切断したとみられ、自宅内から血痕のようなものが見つかった。

 県警によると、12日午後3時45分ごろ、諒さんの友人らが「8月末から連絡が取れない」と県警佐倉署に連絡。自宅にいた竹内容疑者の立ち会いのもと、署員が切断された頭や足などの入ったビニール袋をリビングで見つけた。袋の上には衣類やタオルがかぶせられていたという。

 県警や近所の住民によると、姉弟は数年前まで両親や妹と暮らしていたが、父親が亡くなるなどして2人暮らしだったとみられる。近くの女性(78)は「姉は最近、スーパーで働いていた。にこにこして朗らかな人だった」と話した。【金森崇之、信田真由美、渡辺暢】

最終更新:9月13日(火)12時46分

毎日新聞