ここから本文です

【ゼロワン】「2週間の安静」大谷重症だった

東スポWeb 9月13日(火)16時35分配信

 リアルジャパンプロレス(RJ)新レジェンド王者となりながら、翌日から欠場に追い込まれたゼロワンの大谷晋二郎(44)が12日、現状を報告した。

 大谷はRJ10日のディファ有明大会で船木誠勝(47)を撃破。王座奪取を果たしたが、試合後から目まいなどの症状が続いたため、翌11日の超花火静岡・東伊豆町大会を欠場。12日に検査を受けたところ「頸椎捻挫」「右肩腱板損傷」「右上腕骨大結節骨折」と診断され、医師から「2週間の安静」を言い渡された。近日中にも脳の精密検査を受ける。

 大谷は「試合中どこかでいい蹴りをもらって記憶が途切れ途切れになった。さらに手足に痛みとしびれがある中(フィニッシュの)ドラゴンスープレックスでブリッジが崩れ、首に船木選手が乗っかって衝撃が走りました…」と説明。無意識のうちに王座奪取を果たしたのだから、やはり根っからのプロレスラーと言うしかない。

 さらには「自分の体と相談しながらになるが、何とか20日には間に合わせたい」と力説。この日は初出場が決まった「天下一jr.トーナメント」が東京・新宿フェイスで開幕するからだ。

 1回戦で竹田誠志(31)と対戦する大谷は「天下一jr.は何としても成功させないと…。頑張って治療して、今週末にもう一度医師の判断を仰ぐ」と祈るように話した。執念で早期回復を果たし、奇跡の初優勝を決められるか。

最終更新:9月13日(火)17時53分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]