ここから本文です

大韓航空、日本と韓国結ぶ6路線を増便へ 2016年冬期スケジュール

レスポンス 9/13(火) 18:07配信

大韓航空は9月12日、2016年冬期スケジュール(10月30日~2017年3月25日)で増便する主な路線を発表した。

日本路線は韓国・アジア諸国からの訪日需要が高く、岡山=仁川線が1日1往復、関西=仁川線が1日4往復、福岡=仁川線が1日4往復、関西=済州線が週4往復、札幌=釜山線が週5往復(17年1月2日からは1日1往復)にそれぞれ増便される。運休中の大分=仁川線は17年1月1日~2月26日の期間、週3往復で運航される。

日本路線以外の国際線は、仁川=デリー線が12月1日から週5往復で新規開設されるほか、仁川=シェムリアップ線は1日1往復、仁川=カトマンズ線は週3往復、仁川=ラスベガス線は週5往復(12月10日から)、仁川=バンコク線は1日4往復(12月21日から17年3月1日まで)にそれぞれ増便される。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:9/13(火) 18:07

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。