ここから本文です

【女子野球W杯】侍ジャパン女子代表5連覇!強すぎるマドンナたちの悩み

東スポWeb 9月13日(火)16時42分配信

「第7回WBSC女子野球ワールドカップ」で5連覇を達成した侍ジャパン女子代表が12日に帰国し、成田空港で会見を行った。

 通称「マドンナジャパン」を率いた大倉孝一監督(53)は「終わった瞬間はホッとしたというか、うれしさも感じませんでしたが、少しずつうれしくなってきた感じですかね。そういうこと(大会5連覇)も耳に入ってくる。連勝記録なんてまったく関係ないが、プレッシャーを感じることもあった」と心境を明かした。

 主将を務めた志村亜貴子外野手(33=アサヒトラスト)も「5連覇がかかっているのは気にしないようにしたけど、したいという気持ちも強くてプレッシャーもあった」と絶対王者の重圧を明かしたが、フタを開けてみれば6完封を含む8戦全勝。もっとも競ったベネズエラ戦でも7―2の5点差で、総得点数81に対し失点は4と、日本の圧倒的な強さだけが目立った。

 強すぎるがゆえの悩みもある。「次の目標は?」と聞かれた志村は「女子野球の発展が私たちの使命。野球をやってる子たちがここを目指して続けてくれれば」。4番を務めた川端友紀内野手(27=埼玉アストライア)は「まだまだ成長できる部分はたくさんある。今後も成長していけるように頑張りたい」と答えたものの、世界を相手にして張り合いがないのも事実。2大会連続で最優秀選手に選ばれた里綾実投手(26=兵庫ディオーネ)は一瞬言葉に詰まったが、それも無理はない。

 そんな“目標喪失状態”のマドンナたちに「日本の女子野球もようやく環境が整ってきたけど、まだスタートラインに立っただけ。ただワールドカップでやるだけ、勝つだけじゃなく、日本がモデルケースになって全世界に広がるようなことをやってかなきゃいけない」とゲキを飛ばした大倉監督。世界をリードする立場として、日本女子野球は大きな使命を担うことになる。

最終更新:9月13日(火)18時28分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]