ここから本文です

西武・後藤オーナーが「宮本新監督」示唆

東スポWeb 9/13(火) 16:42配信

 西武の後藤高志オーナー(67)が12日、渦中の次期監督問題について報道陣に対応した。この日、都内で開かれたオーナー会議に出席した後藤オーナーは「(辞任)報道は見ているけど田辺監督から直接聞いたわけではない」と説明。「シーズン中、人事問題を口にすることはない」とこれまで通りの方針を強調した。

 その一方で来季のチーム作りについて「球際に強いチームを作ってほしい。自分はラグビーをやっていたがイーブンボールを支配したチームが有利になる」と持論を展開。「エラーが多い。決めるべきところで決められない」とリーグワーストの96失策で3年連続Bクラスが濃厚なチームの弱点を分析した。

 西武が次期監督として正式オファーを出した元ヤクルトの宮本慎也氏(45=評論家)は守備の名手で球際の強さはつとに有名。後藤オーナーの立場では精一杯の示唆と言えそうだ。西武はシーズン終了を待って、監督人事を発表する。

最終更新:9/13(火) 18:32

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています