ここから本文です

ホンダ 青山執行役員、「地震の影響は、まだリカバリーできる」…熊本製作所が全面復旧

レスポンス 9月13日(火)19時0分配信

ホンダの二輪事業本部長である青山真二執行役員は9月13日、同社の熊本製作所(熊本県大津町)で八郷隆弘社長らとともに記者会見し、「地震による二輪生産の影響は2万5000台だが、まだリカバリーの余地はある」と述べた。

[関連写真]

同製作所は国内でホンダ唯一の二輪車工場。4月の熊本地震によって被災し、一時は全面的に稼働停止していたが、6月から順次復旧させ、先週には3本の二輪車ラインすべてが稼働できるようになった。

青山氏によると、熊本製作所では2016年度に20万台(前年度比28%増)の生産を計画していたが、地震により約6万台の減産影響を受けた。段階的な生産再開や増産対応により、現時点での16年度見込みは17万5000台まで回復している。

当初計画に2万5000台ショートしているものの、青山氏は「稼働時間の延長などで、まだまだリカバリーできる余地はあると考えている」と述べ、挽回生産の拡大に含みをもたせた。ホンダはこれまで、販売減による今年度の地震被害額を119億円と見積もってきたが、圧縮される可能性もある。

《レスポンス 池原照雄》

最終更新:9月14日(水)17時5分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]