ここから本文です

<パラ競泳>女子50自 成田が充実の5位

毎日新聞 9月13日(火)12時37分配信

 【リオデジャネイロ岩壁峻】リオデジャネイロ・パラリンピック第6日は12日、競泳女子50メートル自由形(運動機能障害)で、パラリンピック通算金メダル15個で46歳の成田真由美(横浜サクラ)が39秒23で5位に入り、男子100メートル自由形(運動機能障害)は山田拓朗(NTTドコモ)が57秒69で8位だった。

 車いすテニス男子シングルスは、3回戦で国枝慎吾(ユニクロ)が董順江(中国)を6-1、6-4のストレートで破り、準々決勝に進出した。同ダブルスは、国枝、斎田悟司(シグマクシス)組、三木拓也(トヨタ自動車)真田卓(フリー)組がともに準決勝に進んだため、日本勢のメダルが確定。ゴールボール女子で1次リーグC組の日本はアルジェリアを7-1で破り、通算成績を2勝1分け1敗として準々決勝進出を決めた。

最終更新:9月13日(火)12時37分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]