ここから本文です

新京成電鉄、千葉ジェッツのラッピング列車を運転

レスポンス 9/13(火) 19:19配信

新京成電鉄は9月13日、「ジェッツトレイン」を9月16日から運行すると発表した。千葉県船橋市をホームタウンとするプロバスケットボールチーム「千葉ジェッツ」のラッピング列車。今年で5年連続の運行になる。

[関連写真]

発表によると、運行期間は9月16日から2017年3月上旬まで。ただし作業の状況によっては運行開始日が多少前後する場合がある。京成電鉄の千葉線に乗り入れている8000形電車の6両編成1本を使用し、編成先頭部にヘッドマークを、車体側面には選手とヘッドコーチをデザインしたシートを貼り付ける。

新京成は「地域のプロスポーツを支援することによる地域の活性化、魅力ある街作り」を目指すとしている。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:9/13(火) 19:19

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。