ここから本文です

ドコモも大容量プランを提供――20GB~100GBの「ウルトラパック」

ITmedia Mobile 9月13日(火)12時13分配信

 NTTドコモは、「カケホーダイ&パケあえる」向けのデータ定額プランに、大容量の「ウルトラパック」を追加。9月23日から提供する。価格はいずれも税別。

【「ずっとドコモ割」割引額】

 ウルトラパックのラインアップは以下の通り。

・月額1万6000円で50GBまでの通信ができる「ウルトラシェアパック50」
・月額2万5000円で100GBまでの通信ができる「ウルトラシェアパック100」
・月額6000円で20GBまでの通信ができる「ウルトラデータLパック」
・月額8000円で30GBまでの通信ができる「ウルトラデータLLパック」

 ウルトラシェアパック50/100は家族でデータ量をシェアできる。ウルトラデータLパック/LLパックは1人向けのプラン。余ったデータ量は翌月に繰り越せる。

 契約年数に応じて割り引かれる「ずっとドコモ割」が適用され、毎月のパケットパックの料金から最大2500円が割り引かれる。「ドコモ光」を契約している場合、「ドコモ光パック」として最大3200円が割り引かれる。

 あわせて、法人向けにも100GBを30回線でシェアできる月額2万5000円の「ウルトラビジネスシェアパック100」、50GBを20回線でシェアできる月額1万6000円の「ウルトラビジネスシェアパック50」を提供する。

 ウルトラパックでは、テザリングの利用料に月額1000円がかかるが、2018年3月末まではキャンペーンにより無料となる予定。

 ウルトラパックの提供開始に伴い、9月22日で「データLパック」「シェアパック20」「シェアパック30」「ビジネスシェアパック20」「ビジネスシェアパック30」の新規申込受付を終了する。既存のユーザーは継続して利用できる。

 なお、ソフトバンクは「ギガモンスター」、KDDIは「スーパーデジラ」として、月額8000円/30GB、月額6000円/20GBの大容量プランを提供している(ドコモも同額)。ドコモはさらに、シェアパックとして50GBと100GBの大容量のプランをそろえた。

最終更新:9月13日(火)12時13分

ITmedia Mobile