ここから本文です

サッカー=セルティック監督、バルサのスアレスは「世界一偉大」

ロイター 9月13日(火)12時15分配信

[バルセロナ 12日 ロイター] - サッカーのスコットランド1部、セルティックのブレンダン・ロジャース監督は12日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ初戦のバルセロナ(スペイン)戦の前日会見で、バルセロナのルイス・スアレスは「世界一偉大なストライカー」と述べた。

スアレスはロジャース氏がリバプール(イングランド)指揮官を務めていた2012─14年に同チームの一員として活躍。国内リーグ得点王など数々の賞に輝いた。同選手は2014─15年シーズンを前にバルセロナに移籍し、初年度に三冠に貢献。2年目の昨季は国内リーグで40得点をマークし、クラブは国内リーグとカップ戦の二冠を果たした。

ロジャース監督は会見でスアレスについて、「現時点で世界一のストライカーであることは間違いない」とコメント。「止めるのは非常に難しい。積極的に守ってスペースを与えないようにすることしかできない」と述べた。

さらに「スアレスだけでも手一杯になるのが経験上分かっているのに、ネイマールとリオネル・メッシが加わっては、ディフェンスにとってとても厄介になる」とし、「作戦を立てなければならない」と語った。

最終更新:9月13日(火)12時15分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。