ここから本文です

ケンタッキーダービー出走馬選定シリーズが創設

デイリースポーツ 9月13日(火)13時14分配信

 JRAは13日、ケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」を創設したと発表した。

 チャーチルダウンズ社との提携によるもので、日本馬を対象に、カトレア賞(11月26日・東京)、ヒヤシンスS(17年第1回東京競馬予定)の2競走において、上位4着馬までにポイントを付与。合計ポイント最上位の馬が本番のケンタッキーダービー・米G1(チャーチルダウンズ、17年5月6日)出走権を得られる。

 今年はラニ(牡3歳、栗東・松永幹夫厩舎)がUAEダービーを勝って出走権を獲得し、米三冠に挑戦したが、門戸が広がったことで、日本馬の米国遠征は一層盛んになるかもしれない。チャーチルダウンズ社のビル・マッド最高業務執行責任者は「今回のパートナーシップによって、ケンタッキーダービーが国際的にも、より注目されるようになることを願ってやみません」と期待を寄せた。

最終更新:9月13日(火)18時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]