ここから本文です

マカティの屋内射撃場が人気に 許可書取得の手続きやセミナーも

みんなの経済新聞ネットワーク 9月13日(火)17時35分配信

 マカティ市のマカティ シネマ スクエア地下にある、屋内実弾射撃場「Armscor Shooting Center(アームスコア シューティング センター)」( Basement, Makati Cinema Square, Chino Roces Ave)の人気がオリンピックイヤーの今年高まっている。(マニラ経済新聞)

 同施設はARMSCORブランドとしてよく知られている銃器メーカーを母体とし、そのルーツは1911年に創設されたオートバイやスポーツ用品、銃器を扱う貿易商社兼小売店。1952年から銃器の製造を始めた。

 「安全第一」を心掛けている同施設では、利用客の一人一人にインストラクターが付き、常に指示に従って行動することを義務付けているという。銃所持許可証の取得申請手続きやセミナーも行っている。

 インストラクターのセサール サギギットさんは「マカティのほか、本拠地を置くマリキナに屋外射撃場、セブ、ダバオ、ラ ウニオンに室内射撃場を所有しているが、マニラ首都圏以外にもっと支店を増やしていきたい」と語る。

 営業時間は10時~19時。料金は、地元住民=1,000ペソ(約2,500円)、外国人=1,500ペソ(約3,750円)。9ミリ銃と銃弾50発、標的、防具を含む。利用には身分証明書(外国人はパスポート)の提示が必要。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月13日(火)17時35分

みんなの経済新聞ネットワーク

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。