ここから本文です

デジタルサイネージで訪日外国人旅行者向けコンテンツ、マイクロアド子会社が提供開始

ITmedia マーケティング 9/13(火) 12:23配信

 マイクロアド子会社のマイクロアドデジタルサイネージ(以下、 MADS)は、日本をテーマにオリジナル映像を海外へ発信するデジタルメディア「walk3000」を運営するTokyo Mild Foundationと連携し、MADSのデジタルサイネージコンテンツプラットフォーム「外テレ」で訪日外国人旅行者向けコンテンツの提供を開始すると発表した。

 外テレとは、インターネットを用いて屋外のデジタルサイネージ向けにリアルタイムにさまざまなコンテンツを配信するシステム。ニュースや天気予報、ファッションやエンターテイメントなど広告以外のコンテンツも多数配信している。

 今回、外資系テレビ局出身のメンバーを中心にハイクオリティな映像コンテンツを継続的に制作・配信しているTMFと連携し、日本のカルチャーを幅広く網羅した映像コンテンツを外テレで提供していく。これにより、急速に増加する訪日外国人旅行者に向けて、日本の伝統文化からアンダーグラウンドシーンまで日本の魅力を簡単に発信し、訪日外国人旅行者とロケーションオーナー双方の需要に応えるサービスを拡充していく。

最終更新:9/13(火) 12:23

ITmedia マーケティング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]