ここから本文です

【東日本大震災5年半】宮城知事「災害公営住宅建設進める」

産経新聞 9月13日(火)7時55分配信

 村井嘉浩知事は12日の定例記者会見で、東日本大震災から11日で5年半を迎えたことに、「復興はかなり進んだという手応えは感じている」との見方を示す一方、災害公営住宅について「建設がまだ途中だ。『ついのすみか』の確保を早く進めなければならない」と語った。

 さらに「被災者の心のケアや子供の教育、社会的弱者への対応に注力していく」と述べ、ハードからソフト重視の政策に移行する考えを改めて示した。

 震災の記憶の伝承については「災害の恐ろしさや津波からすぐに逃げることを教えることが重要。映像や各種資料を教育の題材にしていきたい」と語った。

最終更新:9月13日(火)7時55分

産経新聞