ここから本文です

W杯5連覇マドンナジャパンが帰国 81得点4失点の圧倒V

スポニチアネックス 9月13日(火)7時1分配信

 「第7回WBSC女子野球ワールドカップ」で、5連覇の偉業を達成した侍ジャパン女子代表「マドンナジャパン」が12日、成田空港着の航空機で韓国・釜山から帰国した。会見に臨んだ大倉孝一監督は「日本の女子野球に何かの力を与えることができたかなと思う」と充実感を漂わせた。

 今大会は8試合81得点の一方で4失点と圧倒的な強さで優勝に輝いた。それでも指揮官は、強豪・米国が1次ラウンドで敗れる波乱があったことを指摘。「米国が次回も同じことを繰り返すとは思えない。韓国や台湾も力を上げており、日本もさらにレベルアップしていく必要がある」と6連覇がかかる次回大会へ、表情を引き締めた。4番を務めたヤクルト・川端の妹、川端友紀内野手(27=埼玉)は「(他国の)投手は変化球の切れが上がっている。2年後そういう投手が増えることを想定してやっていかないと」と話した。 (原田 真奈子)

最終更新:9月13日(火)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]