ここから本文です

走り高跳び、鈴木徹は4位 「東京に向けて勝負する」

朝日新聞デジタル 9月13日(火)11時31分配信

 鈴木徹は12日の陸上男子走り高跳び(切断など)で自己記録の2メートル02に及ばない1メートル95で4位に終わり、悲願のメダルに届かなかった。1メートル98で3度いずれも体がわずかにバーに触れ、クリアできなかった。

【写真】男子走り高跳び(切断など)で、1メートル98の跳躍に3回とも失敗し、後ろに倒れ込む鈴木徹=井手さゆり撮影

 2メートル02の記録は36歳になった今年に出した。踏み切る健足の左足に力を伝えるため、義足での最後の1歩をどう使うかを年々進化させている。「東京大会では40歳になるが、記録が伸びる可能性がある限りは東京に向けて勝負していきたい」

朝日新聞社

最終更新:9月13日(火)11時49分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]