ここから本文です

英国で伝統のソーセージ投げ競争、15世紀のバラ戦争に由来

ロイター 9月13日(火)12時50分配信

[12日 ロイター] - 英国北部のラムズボトムで11日、ブタの血のソーセージであるブラックプディングを粉で作ったヨークシャープディングめがけて投げ、台座から落とす競争「世界ブラックプディング投げ選手権」が行われ、最初の挑戦者となった50歳の男性が優勝した。

挑戦者は、ブラックプディングを3回投げることができ、優勝者は3つのヨークシャープディングを台座から落とした。

このイベントは100年以上の伝統を持ち、その由来は15世紀のバラ戦争に遡る。伝説では、弾薬が尽きたため兵士たちがブラックプディングとヨークシャープディングを投げ合って戦ったとされている。 

最終更新:9月13日(火)12時50分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。