ここから本文です

日本ハム・大谷は5回2失点 次回ソフトバンク戦へ課題は明確

東スポWeb 9月13日(火)20時18分配信

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が13日、オリックス戦(札幌ドーム)に先発。投手として復帰2戦目は5回、打者20人に対し87球を投げ、4安打2失点、9奪三振で勝ち負けはつかなかった。

 初回から160キロ超の直球を連発。しかし、ストライクは約半数と精度は高くなく、3回一死二、三塁では、糸井に自身が持つ日本最速を更新する164キロの直球を右前2点適時打されるなど課題を残した。

 ただ、この日は今年、相手打者の空振り率がグンと上がったスライダーが要所で冴え、5回で9奪三振。中7日で迎える次回21日の対ソフトバンク最終決戦(ヤフオク)へ課題と収穫がハッキリした登板となった。

 大谷は「先制点を取られてしまったんですけど、野手の皆さんが追いついてくれたので感謝したいです。内容的には、ランナーを出してからが課題ですね。後半はよくなってきてたんで、今日の反省を次に生かしていきたいです」とコメント。

 来週の福岡決戦までにどこまで課題を克服できるかがチームの今季を左右しそうだ。

最終更新:9月13日(火)20時18分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)