ここから本文です

Microsoft Edge、「WebVR」を積極サポートへ──Firefox/Chromeなどと共同で

@IT 9/13(火) 12:26配信

 米マイクロソフトは2016年9月9日(米国時間)、Webブラウザ「Microsoft Edge」での実験的なWebVRサポートに向けた開発を開始したと発表した。

 WebVRは、「Oculus Rift」のようなVR(Virtual Reality:仮想現実)デバイスと連携するWebアプリのために、デバイスの位置や動作の情報を三次元空間上の動きへと変換するAPI(Application Programming Interface)。マイクロソフトはWebVRについて、「Webグラフィックス技術の“次”のフロンティアである。新世代の没入型体験を提供するアプリの開発を可能にする」と説明。2016年現在、既に没入型のVRコンテンツが登場し始めているが、Webアプリ開発者に向けた対応を積極的に進めることで、こうしたコンテンツは一層増えていく見通しという。

 また、マイクロソフトは、米Mozilla Foundation(モジラ財団)、米グーグル、米オキュラスなどとともに、Webアプリ開発者が、より高速かつ強力で、相互運用可能なツールを利用できるように、W3C(World Wide Web Consortium)のWebVR仕様の強化に取り組んでいる。

 マイクロソフトは近いうちに、実装の進展を経て、ソフトウェアとハードウェアについてより詳しい情報を発表するとしている。

最終更新:9/13(火) 12:26

@IT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。