ここから本文です

西武池袋でフランス物産展 トリュフ料理のイートインやパンのマルシェも /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月13日(火)18時13分配信

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)7階催事場で9月14日から、パリの暮らしをテーマにしたイベント「コマンタレヴー パリ!-パリで味わう美食街道」が開催される。(池袋経済新聞)

ブリオッシュ ア ラ クレーム ド レーヴ モンプリュ

 パンや総菜のマルシェや、スイーツ、グローサリーなどフランス各地の食を紹介するほか、ワイン片手にはしご飲みできる企画、イートインなどを展開。ファッション、インテリア、雑貨なども販売する。

 イートインでは、プチパンとクロワッサンが付いたトリュフスープ(1,400円)、「エクス&テラ 彩りカナッペのマリアージュ5種盛り」(1,801円)、「ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブション フォアグラとパルメザンチーズのリゾット トリュフとともに」(3,240円)や、日本初登場のパリのトリュフ料理店「アルチザン・ド・ラ・トリュフ」のトリュフのオムレツ(2,160円)などを提供。

 昨年パリのマレ地区にオープンした食のセレクトショップ「メゾン・プリッソン」が日本初上陸し、パスタ、コンフィチュール、オイルなどグロッサリーとトートバッグなど雑貨を販売。併設のカフェでは、牛肉とフランス産ブルーチーズをふんだんに使ったフェア限定の「シェフズバーガー」(1,944円)も登場する。

 スイーツでは、南仏の名物菓子「タルト・トロペジェンヌ」を7人のシェフがアレンジ、パンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」日本代表の神戸の老舗ベーカリー3代目・谷口佳典シェフによる「ブリオッシュ ア ラ クレーム ド レーヴ フリアンド」(540円)や、セバスチャン・ブイエさんの「サントロップシトロン」(400円)などを実演販売する。

 ワイン片手にはしご飲みできる「ワイン&アミューズ」では、会場内のグラスワイン1杯と、対象店舗のおつまみ2種と交換できるアペロチケット(900円)を販売。

 別館2階西武ギャラリーでは9月20日まで、「フランス競馬 華麗なる社交の世界」も開催。正装した紳士と淑女が集い、女性の帽子ファッションで知られる競馬の重賞「凱旋門賞」の魅力をパネルや写真展、バーチャル映像で紹介するほか、帽子の展示・販売会などを行う。

 「コマンタレヴー パリ!-パリで味わう美食街道」の開催時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで、最終日は16時30分閉場)。今月19日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月13日(火)19時57分

みんなの経済新聞ネットワーク