ここから本文です

篠田芽衣子が描く少年たちの音楽と青春「89番目のおんがく」最終2巻

コミックナタリー 9/13(火) 15:31配信

篠田芽衣子「89番目のおんがく」の最終2巻が、本日9月13日に発売された。一部書店では購入者に特典の共通ペーパーが配布されており、このペーパーデータは電子書籍版にも収録されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「89番目のおんがく」は死んだ天才ピアニストの兄にコンプレックスを抱き続ける弟・上城裕也と、裕也が短い期間だが過去にバイオリンを弾いていたことを知る謎の少年・玉森深月が出会い、一緒にコンクールへと出場する音楽ストーリー。月刊COMICリュウ(徳間書店)で連載されていた。

最終更新:9/13(火) 15:31

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]