ここから本文です

山中慎介パンチ3センチ伸びた Vも11に伸びる!

日刊スポーツ 9月13日(火)10時15分配信

 WBC世界バンタム級王者山中慎介(33=帝拳)が、3センチ伸びたパンチで決着をつける。同級1位アンセルモ・モレノ(31)との16日の再戦へ、12日に都内でジムワークを打ち上げた。1年前は2-1と僅差判定だったが、あと3センチパンチが届かなかった。今度こそ左をさく裂させるために肩や背中の筋肉、肩甲骨の柔軟性を重視して練習。パンチの伸びの手応えを得て、明確な勝利へ自信をつかんだ。

【写真】モレノ「山中のパンチをスエーする自信はある」

 山中は前夜から都内のホテル入りした。この日はさっぱりと散髪して、最後のジムワークをこなした。「上がってきているのが分かる。気分もいい。自分自身に期待している」。自信に満ちた表情で話した。

 前回の対戦以降、あと3センチにこだわってきた。ストレッチから意識し、ダンベルを手に肩をほぐし、チューブを使って肩甲骨の可動範囲を広げた。スパーリングでも背中を脱力させ、パンチが伸びるように意識。「踏み込みとかにも工夫が必要だが、感覚で手応えがある」までになった。

 モレノはこの日の公開練習で「手数を多く、できる限りパンチを出して各ラウンドをとっていく」と話した。これを伝え聞くと「距離が縮まれば、よりチャンスが出てくる」と願ってもない。内山に並ぶ日本歴代2位のV11をKOで飾るべく万全の準備を終えた。今日13日午後には「さらにスイッチも入る」という決戦の地大阪に入る。【河合香】

最終更新:9月13日(火)10時45分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]