ここから本文です

ルノー・日産のEV販売台数、累計35万台を達成

レスポンス 9/13(火) 21:30配信

ルノー・日産アライアンスは9月13日、2010年12月の日産『リーフ』発売以来、電気自動車(EV)の累計販売台数35万台を達成したと発表した。

ルノー・日産アライアンスは、個人ユースからビジネスユースまで、幅広いEVラインアップを持つ世界唯一の自動車グループ。日産は、リーフに加え、小型商用バン『e-NV200』を2014年から主に欧州および日本で販売。ルノーは『ゾエ』の他に、バンの『カングーZ.E.』、セダンの『SM3 Z.E.』、市街地用2人乗り『トゥイジー』を販売している。

日産は、現在までに世界48か国・地域で累計25万台以上のEVを販売。リーフの走行距離は27億kmを超え、約4億5524万9190トンのCO2排出を削減したことになる。25万台のうち、米国、日本、欧州の3地域の合計で全体の90%を占めており、米国が9万7000台と最も多く、次いで日本(6万8000台)、欧州(6万1000台)と続いている。

ルノーは、2011年10月に初のEV カングーZ.E.を発売以降、世界で累計10万台のEVを販売した。今年上半期の販売台数は対前年比で32%増加し、ルノーは欧州で最も勢いのあるEVブランドとなっている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9/13(火) 21:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。