ここから本文です

元CIA長官がトランプ氏の顧問に、2003年のイラク侵攻支持

ロイター 9月13日(火)13時26分配信

[ワシントン 12日 ロイター] - 米大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏の陣営は12日、ビル・クリントン政権で2年間、米中央情報局(CIA)長官を務めたジェームズ・ウルジー氏が安全保障問題担当の上級顧問に就任すると発表した。ウルジー氏は2003年の米軍主導のイラク侵攻を支持したことで知られる。

トランプ氏はこれまで繰り返し、自身がイラク侵攻に反対したと主張しているが、当初は支持していたという経緯がある。

ウルジー氏は陣営が発表した声明で、現政権下の国防予算削減を見直し、軍備を拡大する方針を示したトランプ氏を支持する考えを示した。

また、民主党のヒラリー・クリントン候補が国務長官時代に機密情報を私用メールでやりとりしていたことを批判した。

一方で、ウルジー氏はCNNに対し、トランプ氏がイスラム教徒の入国を一時的に禁止する方針を示していることについて「間違った決定だ」と発言。トランプ氏が中国を利する作り話だと決めつけている気候変動についても、その脅威について警告した。

最終更新:9月13日(火)13時26分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。