ここから本文です

【テスラ モデルX】ヴィレジェ社長「バイオハザードが起こっても車内にいれば大丈夫」

レスポンス 9/13(火) 22:00配信

テスラモーターズジャパンのニコラ・ヴィレジェ社長は9月12日、電気自動車SUV『モデルX』の発表会で、「車内が世界一クリーンなSUVで、車内を手術室と同じくらいのきれいな空気で満たすことができる」と同車の特徴の一つを説明した。

[関連写真]

なんでも業界初の医療用HEPAエアフィルトレーションシステムを採用し、通常の車よりもバクテリアを除去する能力が300倍、アレルギー源については500倍、煤やスモッグについては700倍もあるそうだ。

特に最強モードである「生物兵器防御モード」にすると、「バクテリアなどは一切検出しなくなり、もしバイオハザードが起こっても、車内にいる人を守ることができる」とヴィレジェ社長。

もちろん花粉やPM2.5などもシャットアウトできるのは言うまでもない。ヴィレジェ社長が「モデルXが史上最も安全でクリーンなSUV」と強調するのも頷ける。

《レスポンス 山田清志》

最終更新:9/13(火) 22:00

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。