ここから本文です

中居正広 解散後もニッポン放送は番組継続、タイトルは変更へ

デイリースポーツ 9月13日(火)15時1分配信

 ニッポン放送の定例会見が13日、都内で行われ、12月31日に解散するSMAPの中居正広(44)がパーソナリティーを務める「Some girl’SMAP」(土曜、後11・00)を解散後の来年以降も放送することを明かした。

 1995年から始まった中居の番組は解散後も続く。同局は来年以降の放送について、「継続予定です。タイトルは未定。メイン(パーソナリティー)は変わらない」と説明。ジャニーズ事務所や本人とも意志を確認しているという。

 番組名は変更する可能性が高い。タイトルに「SMAP」がつくことから、岩崎正幸社長は「変えざるを得ないところがあると思う」と変更予定であることを明かしながら、「リスナーの支持を受けている。番組の流れを受け継いでいけたら」と来年以降も中居に期待を寄せた。

 SMAP解散日の12月31日は通常放送日の土曜日にあたる。中居の番組を放送するかに同局は、「放送は未定です。大みそかは特番編成が多い。(中居の番組は)レギュラー番組なので考えてはいますけど、そのあたりは本人とも話をして決めていきたい」と“SMAP解散日”放送に向けて相談することを明かした。また、昨年にV6がメインパーソナリティーを務めたクリスマス恒例の24時間生放送番組「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」にSMAPの起用を問われた同局は、「ご意見として忖度したい」と話した。

 中居は8月20日放送の「Some girl’SMAP」で、「ファンの皆様、関係者の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」などと、14日未明の解散発表時のコメントとほぼ同じ内容で解散を報告。当時はTBSのリオ五輪メインキャスターを務めていたことから、「水を差すような時期だったことは申し訳なく思っております」とリオ五輪関係者にも謝罪した。

最終更新:9月13日(火)15時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。