ここから本文です

HP、Samsungのプリンタ部門を10億5000万ドルで買収 6500件以上の特許を獲得

ITmedia ニュース 9/13(火) 13:04配信

 米HPは9月12日(現地時間)、韓国Samsung Electronicsのプリンタ部門を買収することで合意に達したと発表した。買収総額は10億5000万ドルで、取引は12カ月以内に完了する見込み。

A3プリンタ

 この取引で、Samsungは買収完了後、1億~3億ドル相当のHPの公開株式を買収することにも合意した。

 HPはこの件を発表した後、A3プリンタの新たなラインアップを発表した。これらのプリンタには、Samsungのプリンタ技術が採用されている。

 HPはSamsungのプリンタ部門を買収することで、6500件以上のプリンタ関連特許および約1300人の研究者とエンジニアを獲得する。

 HPは、Hewlett-Packardが分社したPC・プリンタを扱う企業。個人向けの意欲的なPCを打ち出しているが、現在もその売上高の多くはプリンタのインクカートリッジが占めている。

最終更新:9/13(火) 13:04

ITmedia ニュース