ここから本文です

マエケン、イチローに「うまく打たれました」

日刊スポーツ 9月13日(火)10時15分配信

<マーリンズ3-0ドジャース>◇11日(日本時間12日)◇マーリンズボールパーク

 マーリンズのイチロー外野手(42)が、ドジャース前田健太投手(28)と今季2度目の対決に臨み、攻略の糸口となる安打を放った。

 前田は6回8安打3失点(自責点2)と粘ったが、9敗目を喫した。結果的に黒星の発端となったイチローの一打については「仕方ないです。いい打者ですから。うまく打たれました」と淡々と振り返った。その一方で「そこからつながれてしまった」と、後続2人に浴びた連打には悔いが残った。

 4月以来のイチローとの再戦を心待ちにしていた。「楽しいというか、気持ち的に違います。僕の投げた球に、どういうスイングをしてくれるんだろう。どういう打ち方で捉えられるだろう、という感覚はあります」。第1打席の投ゴロ併殺は「初球から振ってくると思わなかったのでビックリした」。第3打席の右飛は「当たった瞬間、ヤバい」と感じた。「特別な存在なので、投げていて勉強になります」。宝物のような教材となった。

 試合後はメジャー恒例の仮装パフォーマンスも体験。新人への洗礼は遠征先のニューヨーク到着後も続き、ミニスカート姿でポンポンまで持たされてマンハッタンを練り歩いた。前田はインスタグラムでその動画を公開し「途中バスから降ろされニューヨークの街中を歩きました(笑い)」と報告した。

最終更新:9月13日(火)10時49分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報