ここから本文です

【セントライト記念】プロディガルサン「菊花賞へある程度のメドを立てたい」

東スポWeb 9月13日(火)21時20分配信

【セントライト記念(日曜=18日、中山芝外2200メートル=3着までに菊花賞優先出走権)注目馬13日朝の表情:美浦】プロディガルサンは南の角馬場で体をほぐした後、坂路を1本(4ハロン64・7秒)。柔らかみのあるフットワークが順調な仕上がりを物語る。

 国枝調教師「体はそう変わらないが、精神的にどっしりしてきた。ダービー(10着)は正攻法の競馬をし過ぎた感がある。折り合い自体は問題ないので、2200メートルの距離は大丈夫。菊花賞へある程度のメドを立てたいね」

最終更新:9月13日(火)21時20分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]