ここから本文です

ベイカー茉秋 リオから帰国後休みは2日だけ 祖母に金メダルをかける

デイリースポーツ 9/13(火) 15:53配信

 リオ五輪男子柔道90キロ級金メダリストのベイカー茉秋選手(21)が13日、都内で行われた映画「スーサイド・スクワッド」の公開記念イベントに登場。祖母の小林リナさん(年齢未公表)に日頃の応援を感謝し、金メダルを首にかけた。

 五輪当時から茉秋を応援する小林さんの派手ないでたちは話題となっていたが、この日も映画の主人公ハーレイ・クインにふんしたショートパンツに網タイツというど派手な衣装で登場。「派手な物が好きなのよ。ピカピカする物も。でも、網タイツに穴が空いちゃって…」と残念そうに顔をしかめた。

 茉秋が映画のイベントに登場するのは初めて。帰国してからも目の回るような忙しさで「正直、帰国してからは2日しか休んでません。バラエティーの出演とか初めてのことが多くて」という。金メダル獲得で小林さんからもらったのは「おめでとうと言葉をかけてもらいました。帰国した次の日にうなぎ屋さんに連れて行ってもらいました。うなぎ屋さんでも一番目立っていましたけど」と打ち明けた。

 日頃の応援への感謝と19日の敬老の日にちなみ、茉秋は小林さんに金メダルを首にかけた。「東京五輪もあるので健康でおしゃれに長生きして応援してください」と言葉をかけると、小林さんは「まだまだ頑張ってやってもらわないと困る。体に気をつけて頑張ってもらえるよう、祈っています」と孫を諭すようにエールを送った。

最終更新:9/13(火) 16:05

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]