ここから本文です

中国当局、「民主の村」で抗議の村民取り締まり 多数の負傷者も

ロイター 9月13日(火)16時22分配信

[香港 13日 ロイター] - 香港メディアなどによると、中国広東省の烏坎村で13日、直接選挙で選ばれた前村長が実刑判決を受けたことをめぐり当局に抗議する村民らへの取り締まりが行われ、少なくとも住民13人が逮捕された。

民主主義を推進する草の根的な活動で知られた同村では今月、前村長の林祖恋氏が収賄罪などで禁錮3年の判決を受けた。

同村に親類が住むある人物はロイターに対し、取り締まりには警官300─400人が動員され、多数の負傷者が出たと話した。また、村は現在封鎖され、インターネットも利用できないという。

香港メディアが入手した動画によると、13日早朝に抗議デモをする住民数十人が鎮圧用の装備をした数百人の警官とにらみ合う様子が確認できる。ロイターはこの動画の信ぴょう性を確認できていない。

一方、地元警察は同日、逮捕者らが違法な集会を開き、前村長の逮捕後、他の住民らに参加を強要したとミニブログに投稿した。

*3段落目の脱字を補って再送しました。

最終更新:9月14日(水)8時15分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。