ここから本文です

大谷の164キロ打ったオリ・糸井 乗り物に例えると「のぞみ」

東スポWeb 9/13(火) 22:41配信

 オリックス・糸井嘉男外野手(35)が13日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、大谷翔平投手(22)が投じた日本最速164キロのストレートを右前へ2点適時打した。元祖“規格外の男”が独自の超人語録でその場面を振り返った。

 ――164キロを打って、どうだった

 糸井:(手が)しびれた。

 ――164キロを計測したのは知っていた

 糸井:知らんね。その後で聞いた。

 ――改めて大谷のストレートの印象は

 糸井:常に速い。底知れぬアレがある。

 ――バットは

 糸井:折れてない。

 ――あのストレートを乗り物に例えるなら

 糸井:のぞみ(新幹線)。

 自らが打席で目撃し、打ち砕いた164キロは最高時速300キロに達する新幹線にも匹敵する体感速度だったようだ。

最終更新:9/13(火) 22:41

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。