ここから本文です

岡村隆史 看護師からのムチャなお願いに困った 右手をケガしているのに…

デイリースポーツ 9月13日(火)16時42分配信

 お笑いコンビ、ナインティナインの岡村隆史が12日深夜に放送されたABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」(月曜後11・17)に出演し、右手を骨折しているのに看護師からサインを求められて困惑したことを告白した。

 番組では、「怒っていい?怒っちゃダメ?悩みすぎる2択」というテーマを設けた。お笑いコンビ・スマイルのウーイェイよしたかが以前、体調不良で病院に行き点滴をしているとファンが「サインを」を求めてきたそうで、サインを終えると「元気ないね。いつもならウーイェイって言うのに」とツッコまれたことを紹介した。

 これに岡村は「タイミングもあると思う。点滴が終わってから『すいませんけどサインいただけますか』って言ってもらえたらいいけど…」と述べた。その上で岡村は「おれ、右手を骨折してて」と自身のエピソードを話し始めた、

 「右手を骨折しててあまりにも痛いから痛み止めの点滴を入れてもらっているときに看護師さんが来て、『サインください』って」と話すと、MCのなるみは「看護師さんが!?」と驚いた。

 岡村の右手の自由がきかないことを見て取った看護師は「左手で書いて下さい」と左手にペンを渡したという。岡村が「むちゃくちゃになりますけど大丈夫ですか」と尋ねると「大丈夫です」と答えたという。

最終更新:9月13日(火)21時35分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。