ここから本文です

PS4新作タイトルをラップで紹介する特別映像“RYO-Z&PES (RIP SLYME) + tofubeats |新デザイン! 新価格! PS4 LINEUP”が公開

ファミ通.com 9/13(火) 18:52配信

●新価格、新デザイン、驚きのラインアップ
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、特別映像“RYO-Z&PES (RIP SLYME) + tofubeats |新デザイン! 新価格! PS4 LINEUP”を、PlayStation公式YouTubeチャンネルにて公開した。

 以下、リリースより。

----------

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、本日9月13日(火)より、日本国内に向けて、特別映像「RYO-Z&PES (RIP SLYME) + tofubeats |新デザイン! 新価格! PS4 LINEUP」を、PlayStation公式YouTubeチャンネルにて公開しました。本映像は2016年の年末までに発売予定のPS4用ソフトウェアの中から、注目の22タイトルを一挙に紹介しています。

 こちらは、ラップでPS4タイトルを紹介する特別映像の第3弾となります。第1弾の「“PS4 タイトルZOKUZOKU 2016” feat. tofubeats」と、第2弾「PlayStation4 + tofubeats + 最上もが “DON! DON! DON’T STOP LINEUP!”」とパワーアップを重ね、今回は若者に大人気のミュージシャン「tofubeats」 に加え、日本を代表するヒップホップグループ「RIP SLYME」のMC「RYO-Z」と「PES」の2人とのコラボレーションが実現。今回は、2016年秋ラインナップの豪華ラインナップを重厚に彩るクラシックミュージックをソースにして、おなじみのゲームキャラクターのセリフや効果音をサンプリングし、各タイトルの魅力を紹介する歌詞をのせたオリジナルの書き下ろし楽曲を制作しました。豪華MC陣によるスペシャルテイクをお楽しみください。

【tofubeats プロフィール】
1990年生まれ、神戸在住。トラックメイカー/DJ。
学生時代から様々なアーティストのリミックスやプロデュースや楽曲提供を行う。
2013年4月にスマッシュヒットした「水星 feat.オノマトペ大臣」を収録したアルバム「lost decade」を自主制作にて発売。同年秋には森高千里をゲストボーカルに向かえた「Don't Stop The Music」でメジャー・デビュー。2014年10月にメジャー1stフルアルバム「First Album」を発売。2015年9月にはメジャー2ndアルバム「POSITIVE」をリリース。翌、2016年1月にリミックス・アルバム「POSITIVEREMIXES」をリリース。
10月8日よりNHK Eテレにて放送をスタートするアニメ「クラシカロイド」(土17:30-)で”ムジーク”プロデューサーとしてモーツァルトを担当するなど、現在様々なアーティストのプロデュースや楽曲提供、リミックスなど多岐に渡り活動中。
※オフィシャルサイト

【tofubeatsのコメント】
今年3度目!のPS4ラインナップ紹介映像の音楽を担当させていただきました。今回はレーベルの先輩、「RIP SLYME」の方々を迎えてまさにクラシック!な出来になっております。是非チェックしてみてください。

【RIP SLYMEプロフィール】
2001年3月にシングル「STEPPER'S DELIGHT」でメジャーデビュー。
幅広い層に親しまれる洗練された独自のポップセンスと、コアなリスナーをうならせる高次元で織り成されるラップのかけ合いを両立させたサウンドが魅力。国内のヒップホップユニットとして初めての日本武道館ワンマンライブを行い、日本にヒップホップ文化を広く浸透させる。

【RYO-Z / PES (RIP SLYME) のコメント】
今回このPS4の企画に参加できて、またtofubeats君と一緒に仕事ができて非常に楽しかったです。RIP SLYMEは普段4MCで1曲を作るので、今回の企画では僕らのラッパー人生の中でもブース滞在時間が最長だったという非常に貴重な経験をさせてもらいました(笑)
映像も含めて拝見させていただきましたが、非常に豪華なラインナップでお腹いっぱいな内容に仕上がっているので、この映像と一緒に、tofubeats君のトラックと僕らのラップを楽しんでもらえればと思います。

最終更新:9/13(火) 18:52

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]