ここから本文です

<低糖質料理>神戸プロジェクト21日発足 50店が参加

毎日新聞 9月13日(火)18時21分配信

 低糖質の食事を神戸市の料理人らが提案する「ロカボ(緩やかな糖質制限)神戸プロジェクト」が21日発足する。洋食や洋菓子、和食などの約50店が参加する。

 北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟氏の指導を受け、小麦を大豆に替えたパンや、グラニュー糖を使わないケーキなど材料や調理法を工夫。1日の糖質摂取量が70~130グラムに抑えられるようにする。

 店のメニューに加え、糖尿病を患う客も家族や仲間と店に行けるようにする。メンバーには人気店も多く、料理人らは「もちろん舌も喜ばせてみせます」。【久野洋】

最終更新:9月13日(火)18時22分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。