ここから本文です

20年前に米国で殺害されたジョンベネちゃんの兄、初のインタビュー

ロイター 9月13日(火)18時15分配信

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米コロラド州で20年前に起きたジョンベネ・パトリシア・ラムジーちゃん(当時6歳)殺害事件について、兄のバークさんが12日、初めてインタビューに応じた。現在も未解決のこの事件は、当時大きく報道された。

1996年12月26日にジョンベネちゃんが行方不明になり、8時間後に自宅地下で遺体となって発見された当時、バークさんは9歳だった。

テレビ番組「ドクター・フィル」の取材を受けたバークさんは、ジョンベネちゃんがいなくなったことを知った時の様子について「最も古い記憶は、母親が半狂乱になって『ああ神様、神様』と叫びながら私の部屋を探し回っていたことだ」と話した。その後、父親に「彼女は天国にいる」とだけ聞かされたという。

また、番組司会者はバークさんは当時、当日に何があったか警察の質問にまったく答えなかったとしたが、実際には殺害後やその数年後にも捜査員から質問を受けていたことが分かった。

当時は両親に嫌疑がかかったが、2008年、鑑定技術の進歩によりジョンベネちゃんの下着に付着していたDNAが両親やバークさんのものと一致しないことが判明した。警察によると、DNAのデータは犯罪データベースに登録されているが、合致するものは見つかっていない。

最終更新:9月13日(火)18時15分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。