ここから本文です

米テスラ、レーダー認識を改良したソフトウェア「バージョン8.0」

Impress Watch 9月13日(火)15時37分配信

 米テスラモーターズは9月11日(現地時間)、「モデルS」などに搭載する自動運転技術「オートパイロット」機能をアップデートするソフトウェア バージョン8.0を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のアップデートにより、従来のレーダーは主要なセンサーとなるカメラと画像処理システムへの補助センサーとの位置づけであったものを、バージョン8.0では、ハードウェアはそのままで従来の6倍の物体をレーダーが認識できるように改良が施された。

 そのほかにも、オートステア機能ではドライバーがシステムの警告を無視し続けた場合、駐車するまで有効化が不可能になるなどの制御が加えられる。

Car Watch,編集部:椿山和雄

最終更新:9月13日(火)15時37分

Impress Watch