ここから本文です

国民栄誉賞の伊調馨、東京五輪は「時間をかけて考える」

デイリースポーツ 9月13日(火)16時53分配信

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨(32)=ALSOK=が13日、国民栄誉賞の受賞が決まったことを受けて、都内のホテルで会見を行った。伊調は五輪史上初となる女子個人種目4連覇を達成。国民栄誉賞受賞はレスリング界では2012年吉田沙保里以来2人目となる。

 黒いジャケットとベージュのパンツ姿で会見に臨み、「この度受賞が決まって、信じられない気持ちが大きい。支えてくださった皆さんに感謝の気持ちでいっぱい。今後、自分の人生をこれまで以上に考えていかないといけないと身が引き締まる思い」と喜びを表した。

 国民的スターの仲間入りをしてなお、向上心は尽きない。自身のレスリング人生を振り返り、伊調は「自分の中ではまだ半分だと思っている。50点くらい」と辛めの採点。「まだ通過点で、もっといいレスリングをつくっていきたい。若い人にも技術や取り組み方を指導していきたい」と競技の普及へも意欲を燃やした。

 目立つのは苦手と自負するものの、国民栄誉賞受賞を機に“新たな伊調馨”への進化も予告。「今までマスコミ対応が苦手で、これまでひたすらレスリングに打ち込ませていただいた。でも、その代わりレスリングの普及には尽力できていなかったと反省している」。今後は若手の指導にも力を入れる方針で、「まだマイナーのレスリングをメジャーにするために(自分も)変わっていきたい」と、レスリング界の顔として表舞台に出撃する覚悟も示した。

 選手としては20年東京五輪で5連覇も狙える。「次が東京五輪というのは私の中では大きい。挑戦してみたい気持ちはもちろんある」。一方で、リオ直前に左肩を痛めるなど、体は満身創痍(そうい)なだけに、「けがの状態もあるし、(現役続行には)年齢は関係ないけど、これから自分が何をしたいのか、いろんな選択肢を時間をかけて考えたい」と、しばらく休養しながら今後の人生プランを立てる方針を示した。

最終更新:9月13日(火)19時0分

デイリースポーツ