ここから本文です

若槻千夏、ダウンタウン説教でりゅうちぇるから激励

日刊スポーツ 9月13日(火)11時12分配信

 タレントの若槻千夏(32)が、ダウンタウンに説教された番組放送後、周囲から励まされており、後輩タレントのりゅうちぇる(20)からも激励されたことを明かした。

【写真】若槻千夏のコメントに西川史子チクリ「普通のこと」

 若槻は9日に放送されたフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演。大先輩であるダウンタウンと坂上忍という3人との共演に意を決して臨んだが、緊張を隠し切れない様子。松本人志に「お前超調子悪いんか?」とツッコまれ、若槻は番組について真面目に考えすぎたあまり失敗してしまっていると釈明したが、浜田雅功から「なんでそんなテンション低いところからはいるの?」「そんな低いところから入ったらあかんで」と注意を受けると「ダウンタウンに嫌われたくない」と涙を流した。

 若槻はこの時の収録を、「人生で一番空回りした収録でした」とインスタグラムで振り返っていたが、13日に更新したブログでは「収録で会う人会う人にダウンタウンなう みましたよ。と言われます」と話題になっていることを明かした。

 「そして昨日、りゅうちぇるに【色々ありますけど頑張りましょうねお互い】と芸歴15年の私が 大型新人に励まされました」とユーモアたっぷりに告白。年齢も一回り下の後輩タレントに「もうこの際、一旦同期。しみる。ありがと りゅうちぇる。 いや、りゅうじ」と感謝した。

最終更新:9月13日(火)15時26分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。