ここから本文です

ボッチャ日本 銀!世界1位・タイに及ばずも…初メダル獲得

スポニチアネックス 9月13日(火)9時21分配信

 ◇リオ・パラリンピック第6日 ボッチャ・チーム(脳性まひ)決勝  日本4―9タイ(2016年9月12日)

 リオデジャネイロ・パラリンピック第6日が12日(日本時間13日)に行われ、ボッチャのチーム(脳性まひ)決勝で、世界ランキング7位の日本は同1位で前回優勝の強豪・タイに4―9で敗れた。今大会1号となる金メダルはかなわなかった。

 第1エンドは1―0で先行するも、第2エンドは0―2で逆転を許した。その後も0―4、0―2、0―1と圧倒されたが、最終エンドは3―0で奪い意地を見せた。

 初出場の08年北京大会は1次リーグ敗退し、12年ロンドン大会は準々決勝でポルトガルに2―10で完敗し7位に終わった日本。今大会は、1次リーグB組を英国(世界ランキング2位)から金星を挙げるなど首位で突破。準々決勝では中国(同8位)と対戦し、5―5と接戦の末タイブレークで勝利。準決勝は8―5でポルトガル(同5位)を下し、この競技では初となる悲願のメダルを確定させていた。

 ボッチャは運動機能に重い障害がある人のために考案されたボール競技で、的となるジャック(白い目標球)に向かって赤、青6個ずつのボールを投げ合い、いかに近づけられるかを競う。カーリングに似ていることから“地上のカーリング”とも呼ばれている。

 ▼杉村英孝の話 銀メダルは重みを感じる。決勝でタイと戦えて誇りに思う。負けてしまったけど、これまでやってきたことを全てチームとして出しきれた。

 ▼広瀬隆喜の話 みんなで力を出し切った結果。ボッチャの魅力を伝えられたと思う。銀メダルの感触はとにかく重い。こんな重いメダルは初めて。

 ▼藤井友里子の話 最後の最後まで諦めない戦いができたと思う。自分も粘り強く、いいプレーができた。まだ上がある。次は金メダルを取りたい。

 ▼木谷隆行の話 北京の悔しさがある分、うれしい。出場機会は少なかったが、声を出して一緒にプレーしていた。3人の選手に感謝したい。最高の仲間だった。

最終更新:9月13日(火)14時11分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]