ここから本文です

【巨人】川相3軍監督、鬼と化し息子・拓也を叱る「声が出ていないんだよ」

スポーツ報知 9月13日(火)14時12分配信

 巨人・川相昌弘3軍監督(51)が13日、鬼になった。

 3軍の若手選手が複数、出場予定だったフューチャーズ(イースタン混成チーム)vsDeNA(ベイスターズ)戦が雨天中止になり、G球場で3軍の全体練習を実施。シートノックの追試を課すなど、約3時間、密度の濃い練習を行った。

 室内練習場に川相監督の怒声が響いた。「声が出てないんだよショート! 言われないと分からないのかよ!」。遊撃の守備位置についていたのは、指揮官の息子で育成2年目の川相拓也内野手(25)。堅実な守備が持ち味だが、連係の声が小さかった点を見逃さず、厳しく指摘した。

 この日は練習の最初のメニューとして行った内野陣のシートノックの内容が悪かったとして、フリー打撃の後にシートノックの「おかわり」を指示。同時刻には室内練習場で1軍の先発投手練習、午後からは2軍の全体練習が控える中、限られた時間、スペースを使って猛練習を行った。

最終更新:9月14日(水)9時40分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。