ここから本文です

高卒求人倍率1.75倍、23年ぶり高水準

朝日新聞デジタル 9月13日(火)15時25分配信

 来春に卒業予定の高校生の求人倍率が、7月末時点で前年同期比0・21ポイント増の1・75倍となった。1994年卒の1・98倍以来23年ぶりの高水準で、上昇は6年連続。ただ、勢いは鈍りつつある。

 厚生労働省が13日、発表した。求人倍率は、就職を希望する高校生1人あたり何件の求人があるかを示す。求職者は18万5千人で前年より0・6%減ったのに対し、求人は32万4千人で同13・3%増えた。大学進学率が高まっていることで、求職者数の減少傾向は続いている一方、6年連続で求人数は増えている。厚労省は「景気の回復基調を反映している」としている。

 業種別にみると、建設業(13・3%増)や製造業(11・4%増)など、雇用の多い業種で求人が増えているが、昨年はいずれも伸び率が2割を超えており、鈍化の兆しがみられる。

 来春卒業予定の中学生の求人倍率は0・18ポイント増の0・91倍。求職者は5・7%減の1006人。求人は18・3%増の920人だった。

朝日新聞社

最終更新:9月13日(火)22時56分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]