ここから本文です

長渕剛、咆哮!新たな決意示したツアー東京編バースデーライブ

音楽ナタリー 9月13日(火)18時14分配信

9月7、8日に長渕剛の全国ツアー「THANK YOU ACOUSTIC TOUR 2016 FOR FANCLUB MEMBERS」の東京・Zepp Tokyo公演が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

長渕はオフィシャルファンクラブ「長渕剛クラブ」会員を対象に、全12公演の本ツアーを実施している。この記事では長渕の誕生日にあたる9月7日公演の模様をレポートする。

開演前からファンによる「剛」コールが行われ、会場の熱気はどんどんと高まっていく。会場が暗転すると、中西康晴によるピアノの演奏をバックに、スーツ姿の長渕が登場。彼はスポットライトを受け、軽快なステップでステージ中央まで移動すると、ハーモニカの豊かな音色を響かせる。そして「早くから外で待っててくれた奴もいたな。ありがとな!」「60なったよオイ! 世の中じゃ還暦とかなんとか言ってるけど、俺には関係ねえ!」と語り、ソウルフルな歌声で来場者たちを温かく迎えた。

今回のツアーは“ACOUSTIC TOUR”と銘打たれている通り、楽器はアコースティックギター、ハーモニカ、ピアノのみが使用され、どの楽曲にも渋い魅力あふれるアレンジが施された。長渕は「BAY BRIDGE」の演奏を終えると、2015年に静岡・ふもとっぱらで行われた野外オールナイトライブ「長渕剛 10万人オールナイト・ライヴ 2015 in 富士山麓」を振り返る。彼が「来る日も来る日も雨……どうなるかと思ったよ。眠れなかったさ」「でも、みんなが来てくれた。そんなファンがいるってことが、僕にとって誇りです」と感謝の言葉を述べると、オーディエンスは喜びの歓声を上げた。

アンコールでは長渕の誕生日を記念し、客席が赤いペンライトで埋めつくされるサプライズもあった。しかし和やかなムードから一転、長渕は同調圧力に対する怒りを込めた即興演奏を披露。会場の照明がすべて消され、スポットライトがゆっくりと点滅する中、彼は「戦争の準備がはじまってるかもしれねえぞ!」「正義面して、知ったかぶりしてる奴らにだまされんな!」と力を振り絞るように叫び、ギターを激しくかき鳴らす。そして鬼気迫るテンションで「乾杯」へとつなげ、緊張感に満ちた雰囲気を保ちながら終幕。還暦を迎えながらも、より闘争心あふれる姿勢を示した。

※記事初出時、カメラマンクレジットに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:9月14日(水)12時41分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。