ここから本文です

<御嶽山>王滝口登山道、入山規制を段階的緩和

毎日新聞 9月13日(火)19時2分配信

 58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月の御嶽(おんたけ)山(3067メートル)噴火で、ふもとの長野県王滝村は13日、王滝口登山道の入山規制を段階的に緩和すると発表した。17日には8合目まで、24日には9合目まで登山が可能となる。

 現在、火口からおおむね1キロ圏内の立ち入りが規制されている。1キロ圏外でも、同登山道7合目の約600メートル先から山頂寄りは、村が独自に入山を規制。今夏、避難小屋の補強や防災無線設置などが完了したため、独自規制を緩和する。

 2カ所ある避難小屋の屋根は直径10センチ程度の噴石にも耐えられるよう、アラミド繊維で補強。安全確保のため、今回の緩和エリアへの入山は午前7時~午後4時に制限する。【小川直樹】

最終更新:9月13日(火)19時2分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。