ここから本文です

オリックス 超人糸井が大谷の164キロ打った!先制2点タイムリー

デイリースポーツ 9/13(火) 18:43配信

 「日本ハム-オリックス」(13日、札幌ドーム)

 オリックスは三回、先頭の小島が左線二塁打、園部の四球に大谷の暴投などで1死二、三塁の絶好機をつくった。続く1番糸井が初球164キロを強引に振り抜くと、打球は二塁の頭上を越え右前に落ちる先制2点適時打となった。

 「いいところに落ちてくれましたね。とにかくタイムリーになってくれてよかったです!」

 日本最速の164キロを安打にした糸井は一塁ベース上で両手を振り、手がしびれたポーズでおどけてみせた。

最終更新:9/13(火) 21:34

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。