ここから本文です

オリックス 超人糸井が大谷の164キロ打った!先制2点タイムリー

デイリースポーツ 9月13日(火)18時43分配信

 「日本ハム-オリックス」(13日、札幌ドーム)

 オリックスは三回、先頭の小島が左線二塁打、園部の四球に大谷の暴投などで1死二、三塁の絶好機をつくった。続く1番糸井が初球164キロを強引に振り抜くと、打球は二塁の頭上を越え右前に落ちる先制2点適時打となった。

 「いいところに落ちてくれましたね。とにかくタイムリーになってくれてよかったです!」

 日本最速の164キロを安打にした糸井は一塁ベース上で両手を振り、手がしびれたポーズでおどけてみせた。

最終更新:9月13日(火)21時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。