ここから本文です

幕下・琴鎌谷、連勝!まげつかまず、手応えつかんだ

スポーツ報知 9月13日(火)14時45分配信

◆大相撲秋場所3日目 ○琴鎌谷(はたき込み)魁渡●(13日・両国国技館)

 大相撲秋場所3日目は13日、東京・両国国技館で行われ、佐渡ケ嶽親方(元関脇・琴ノ若)の長男で、祖父に元横綱・琴桜を持つ西幕下59枚目・琴鎌谷(18)=佐渡ケ嶽=が東58枚目・魁渡(20)=浅香山=をはたき込みで破り連勝となった。

 魁渡のもろ手突きを胸で受けてが、すぐに頭を下げてのはたき込み。「はたいた時にまげをつかんだのではないか」と物言いが付いたが、軍配通りとなった。「相手が手を付いて頭を上げた時に自分の手が(まげに)当たりましたけど、つかんではいません」。胸で受けたことについては「負ける時はいつも一緒。稽古でいつも指導してもらっているので、少しずつ変わってきていると思います」と18歳の大器は確かな手応えをつかんでいた。

 近大から入門して4場所目の西36枚目・石橋(22)=富山=は東35枚目・古場(25)=木瀬=を豪快な上手投げで破り、こちらも連勝スタート。石橋が近大1年の時に九州情報大4年の古場と対戦したことがある。その時はまったく歯が立たなかったが、4年後に確かな成長を見せつけた。「右を差して左上手も引くことができました。父親からも『借りを返せ』とのメールが来ました。1年の時の自分と今の自分は違う。勝てて良かったです」と笑顔を見せた。

最終更新:9月13日(火)20時39分

スポーツ報知