ここから本文です

長崎FW永井“覚醒”の理由…4年半3得点の男、新天地でゴール量産

スポニチアネックス 9月13日(火)10時37分配信

 意識が変われば、プレーは変わる。それを具体的な数字で証明しているのが、J2長崎に所属するFW永井龍(25)だ。昨季まで約4年半にわたって在籍したC大阪でリーグ通算3得点だったのに対し、今季から加入した長崎では、第31節を終えた時点で14得点。J2の得点ランキングで3位と、堂々の数字を残している。

 育成組織から育ったC大阪にいた頃は、持っている能力は高いのに、どうしても勝負弱いイメージだった。14年シーズン後半にはペッツァイオリ監督の解任に伴って就任した大熊裕司監督のもと、9月以降にスタメンに定着。元ウルグアイ代表FWフォルランを差し置いて先発出場を続けながら、チームのJ2降格を止めることはできなかった。それが、新天地で結果を残せるストライカーに生まれ変わった。

 何が変わったのか。本人に聞くと、シンプルな答えが返ってきた。「1番、でかいのは気持ちですね。セレッソにいた頃は、周りにスタープレーヤーがたくさんいて、それに食らいついていく感じだった。でも、ここだと自分が何かをしないといけない。いろんなことを任されて、成長できているのかな」。キャンプから定位置を確保。今まで以上に実戦機会をつかみ、試合中の落ち着きを得られたことも大きかったという。

 11日にはC大阪と対戦し、かつてホームとして戦ったキンチョウスタジアムに帰ってきた。得点を奪えず0―2で敗れ「1番勝ちたかった相手に勝てず悔しい」と話した上で「ここにいたんやな」と感慨深い気持ちにもなった。試合後、C大阪のゴール裏からはユース時代から使われていた「バモス永井」のチャントが流れ、取材エリアでは古巣の番記者に囲まれる永井の姿があった。J2降格した14年の終盤戦、試合を重ねるたびに追い込まれていく中で、それでもメディアやサポーターに真摯に向き合っていた彼の人柄を表すシーンだったと思う。

 今後の目標のひとつが、残り6得点に迫った20得点だという。「まずはチームが勝たないと意味がない。(そのために)FWは分かりやすく点を取らないといけない。20点、いきたいですね」。プロ7年目。長崎のエースとして戦う背番号9を、古巣のサポーターも応援している。(西海 康平)

最終更新:9月13日(火)17時48分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]