ここから本文です

広島 石原が先制3点二塁打、1カ月後のCSへ攻撃型オーダー

デイリースポーツ 9/13(火) 19:14配信

 「中日-広島」(13日、ナゴヤドーム)

 広島が四回、石原慶幸捕手(37)の3点適時二塁打で先制した。

 先頭の新井が四球で出塁。鈴木が中前打でつなぐと、1死を挟んでエルドレッドの右前打で満塁とした。続く石原は初球、真ん中低めの136キロツーシームを狙い打ち。打球が左中間を破ると、一塁走者のエルドレッドも、激走でホーム生還した。

 緒方監督は1カ月後のCSに向けて「次の目標がある」とし、3人の選手を入れ替えた。「6番・三塁」でルナが復帰し、「7番・左翼」にエルドレットを入れる攻撃型オーダー。短期決戦を想定した打順で、大野からまずは3点を奪った。

最終更新:9/13(火) 19:26

デイリースポーツ